モズク、昆布、アカモク、海苔 知られざる海草パワー『フコイダン』

メディアでも大注目の海草パワー【フコイダン】

テレビをはじめ、メディアで海草の持つ健康効果が話題を集めています

「ためしてガッテン」「たけしの家庭の医学」「ヒルナンデス」など複数の番組で紹介され、『海草が健康にいい』ことが様々な切り口で取り上げられました。

情報がたくさんありすぎて、かえってどんな効果があったのか、わからなくなってしまうほどです。

ここで、基本に立ち返って、海草が持つ健康作用をまとめて、紹介していきたいと思います。

話題騒然のモズクエキス【パワーフコイダンCG】販売サイトへ

ねばねばが効く! 海草の健康成分【フコイダン】

海草の持つ健康成分として、取り上げられているのが、『フコイダン』という成分。

海草に特有のねばねばのぬめりの物質に含まれる成分です。
モズク、昆布、ワカメなどぬめりのある海草に豊富に含まれる食物繊維(硫酸化多糖)の一種です。
最近、話題をなっているアカモクにもは、豊富に含まれています。

フコイダンに関しては、1970年代から研究が盛んに進められていました。
そして、注目を集めるきっかけになったのが、、1996年の日本癌学会で制癌作用が報告されたこと。
そこから、健康食品として価値が注目を浴び、様々な健康作用が報告されるようになりました。

そして、意外なことに、国内より海外の研究者により、高く評価されている栄養成分なのです。
海草をあまり食べないイメージのある海外の研究者にも注目してされているのが、なんだか面白いですね。

フコイダンの健康作用ですが、まず注目された制癌作用として、以下のようなものが指摘されています。


がんに対するアポトーシス誘導作用
アポトーシスとは、「細胞が自ら死んでいく」という作用を指します。
こう聞くとなんだか悪いことのように聞こえますが、これは健康を保つ上でとても大切な作用なんです。

わたしたちの体を作っている細胞は、新しく生まれ変わり続けることで健康を保っています。
そうです、新陳代謝です。

ところが、新陳代謝しないで、増殖し続ける細胞ができてしまうことがあります。
それが『がん細胞」。
「死ぬことを忘れて暴走する」細胞なのです。

そんながん細胞に、自ら死ぬことを思い出させるのが、フコダインの「アポトーシス誘導作用」というわけです。
おそろしいがん細胞も、自殺してしまうのであれば、何ら脅威はありませんよね。


免疫強化作用
私たちの体には、誰でもがん細胞が発生しています。
それを攻撃し、死滅させるシステムが免疫機能。

免疫機能が、がん細胞の増殖より勝っていれば、がん細胞が発生しても、がんを発症することはありません。
しかし、免疫機能は環境や加齢の影響などにより、衰えてしまいます。
そのため、がん細胞に増殖に、免疫機能が追いつかなくなり、がんの発症を招いてしまします。

フコダインには、重要な免疫細胞である「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」や「マクロファージ」の働きを活発にし、がん細胞と戦う免疫力を強化する作用があると指摘されています。


血管新生抑制作用
がん細胞は、死なずに増殖していくので、栄養もたくさん必要とします。
その栄養を補給するために、がん細胞には自ら血管を作り、自分の栄養を確保しようとする力があります。
フコダインは、がん細胞が新しい血管を作り出すのをじゃまする作用があるとされています。

このようながん細胞への作用だけでなく、フコダインにはまだまだ健康作用があることが報告されています。

まだまだある!!【フコイダン】の健康パワー

がん細胞への働きだけではない、【フコイダン】の健康作用。
つぎのようなものが指摘されています。

健胃作用
ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)をご存じですか。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因といわれている胃の中に棲む細菌です。フコダインは、このピロリ菌を吸着する物質を持っており、胃からピロリ菌を持ち去ってしまうことができるという研究結果が報告されています。


抗酸化作用
シミやシワといった老化現象の原因のひとつして「活性酸素」が有名です。フコイダンには、活性酸素を抑制し、体の酸化を防ぐ効果が期待されています。


肝機能維持・向上
肝臓は再生することがよく知られています。肝臓の再生には、HGF(肝細胞増殖因子)が大きく関わってきますが、このHGFの産生を誘導する作用がフコダインにあることが報告されています。
弱って、傷ついた肝臓細胞の修復を助けて、正常な肝機能の維持・向上が期待できると言われています。


抗アレルギー作用
アレルギー反応は、体の免疫機能が正常な状態ではなく、過剰に反応してしまうことなどから起こります。フコダインは、免疫機能を調整する作用があり、過剰な反応を抑えることに貢献すると指摘されています。

こんな健康作用に注目されているフコダインですが、課題になるのが、「どうすれば、効率よく吸収されるか」ということなんです。

話題騒然のモズクエキス【パワーフコイダンCG】販売サイトへ

研究が進む【低分子化フコイダン】

そんなすごいパワーのある【フコダイン】。
ですが、体に吸収されなければ、意味がありません

残念ながら、フコダインは通常分子量が大きく、吸収率の良いものですありません。
そのため、いかにして吸収しやすくするかの研究が重ねられ、【低分子化フコイダン】が今、注目を集めているのです。

低分子化フコダインについては、九州大学大学院の白畑教授による研究が続けていて、フコイダン(低分子化フコイダン)の機能や、細胞メカニズム、三大作用について、数多くの学会発表が行われています。
詳しい内容に興味のある方はこちらの九州大学大学院のサイトをご覧下さい。

この九州大学と14年間にわたって行った研究に基づいて開発されたサプリメント【パワーフコイダンCG】が話題になっています。
九州大学との協同特許(特許 第5201499)を取得しているのも、注目ポイントです。
九州大学は国立大学です。つまり、税金により運営されているので、世間のチェックも当然厳しいものが向けられます。いいかげんな特許に名を連ねるわけにはいきません。
そんな九州大学が協働特許で参加していることは、高い信頼性が伺えます。

実際のサプリメントには、低分子フコダインの他に、白なた豆の抽出エキスと、ビタミンC・B 1・B 2・B 6・クエン酸等を加えられて、総合的な栄養補助が出来るようになっています。

フコイダン製品の中では最も古くから販売され、リピートするユーザーも多いのが、安心できるポイントですね。

話題騒然のモズクエキス【パワーフコイダンCG】販売サイトへ

このページでは、話題騒然のモズクエキス【パワーフコイダンCG】利用を考えている方々が参考になるような情報を紹介していく予定です。楽天などの販売店を調査し、激安、格安、最安値で購入できるか。送料は無料か。お試しやトライアルはあるか。値引き・ポイント付与の状況。返金や商品保証。クチコミ、レビュー、効果、メリット、デメリット。などをお知らせしていく予定です。 また、類似する商品との比較結果をランキング形式で提供していく予定です。